ソフトロー

法科大学院問題

司法試験合格者が1850人でした。今後は1500人の予定です。法科大学院問題では、10月9日の毎日新聞の社説を始め、マスコミではほとんど将来の展望を描けなくなりました。なぜかといえば、税理士、弁理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士が約19万人もいて、非常に重要な役割をしているので、司法試験合格者の約1800人の下の約1500人に上記資格を与えれば良いのに、不合格者の人には何の資格も与えないというおかしなやり方をしているからです。この点を考えないで、いくら検討したり、意見を出しても、いわば穴の空いた網で魚をとるようなものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です